文字サイズ 大小

創立七十周年で記念シンポ 多角的に宗教を考へる 日宗連

平成29年02月27日付 1面

神社本庁も参画する公益財団法人日本宗教連盟(植松誠理事長)の創立七十周年記念シンポジウム「宗教を現代に問う―宗教への提言―」が東京・港区の聖アンデレ教会で二月十八日に開催され、約九十人が参集した。オフィス家具の製造・販売などで知られる株式会社内田洋行顧問の向井眞一氏と、ミャンマーなどの開発途上国で医療活動をおこなってゐる医師・吉岡秀人氏が講演をおこなったのち、國學院大學副学長で同連盟理事の石井研士氏をコーディネーターに三氏で鼎談がおこなはれた。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧