文字サイズ 大小

京都で過疎地域神社対策研究会 過疎地に赴き実態学ぶ 全国氏青協

平成29年03月13日付 2面

 全国氏子青年協議会(鷹野尚志会長)の役員及び都府県連会長・事務担当者など約七十人が過疎化の進む京都府の京丹後市を訪れ、二月二十五・六の両日、過疎地域神社対策研究会を開催した。参加者は中嶋茂博府神社庁参事から過疎化が進む府内日本海側の神社の実態などについて話を聞き、過疎化が進む中にあって、神社護持に尽力する六神社(松田正行宮司)、網野神社(西川康一宮司)に正式参拝。両宮司から神社を取り巻く現状や実態の説明を受けた。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧