文字サイズ 大小

「平成の大修理」終へ遷座祭 畏き辺りよりの幣帛奉る 玉前神社 


 【千葉】平成十九年から社殿の保存修理を中心とする「平成の大修理」を進めてきた長生郡一宮町の玉前神社(栗原崇次宮司)では、社殿の修繕が完了したことから四月十二日に本殿遷座祭を、翌十三日に畏き辺りよりの幣帛を奉る奉幣祭を斎行した。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧