文字サイズ 大小

【新刊紹介】『鎮守の杜ブックレット2 神葬祭 その歴史を探る』 神社新報社編 入門・再考ともに有用 通史を一冊に纏め刊行

平成29年06月05日付 5面

 このたび、『神葬祭 その歴史を探る』と題する書が刊行された。シリーズ「鎮守の杜ブックレット」第一作『神仏関係考』につづく、二作目である。本書は、平成元年に神社新報の紙面上で連載された記事を十四篇に再構成してをり、椙山林継、斎藤忠、岡田莊司、圭室文雄、近藤啓吾、安蘇谷正彦、加藤隆久、阪本是丸、櫻井治男の各氏と神社新報社編輯部が執筆を担当してゐる。各時代の解説により、神道式の葬送儀礼である神葬祭の「基層」「起源」「展開」「現状」を通観できる構成は、本書の特徴である。

 本書の解説は各篇を通してわかりやすく、入門書としてはもちろん、神葬祭再考の書としても活用できよう。

〈本体500円、神社新報社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉(國學院大學大学院博士課程後期・大番彩香)
関連書籍
[24133100] 神葬祭 新刊 おすすめ
500 円(本体価格)
椙山林継 斎藤忠 岡田莊司 圭室文雄 近藤啓吾 阿蘇谷正彦 加藤隆久 阪本是丸 櫻井治男 著 / 神社新報社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧