文字サイズ 大小

先帝お手植ゑ所を整備 全国植樹祭に先立ち神職らが


 【富山】昭和天皇がお手植ゑになられた杉が残る富山市内の山林で、第六十八回全国植樹祭に先立つ五月十八日、神職と地元住民らが周辺の整備をおこなった。

 県神社庁(松本正昭庁長)では、全国植樹祭開催に先立ち昨年四月に改めて「お手植ゑ行事」について現地調査をおこなった際、お手植ゑ杉のほど近く、杉を見守るやうに「さざれ石」があるのを発見。全国植樹祭の魁ともいへる富山でのお手植ゑの名誉と、「さざれ石」の存在を後世に伝へるべく、県神社庁が中心となって保全・顕彰活動に取り組んできた。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧