文字サイズ 大小

【新刊紹介】刑部芳則編『明治をつくった人びと 宮内庁三の丸尚蔵館所蔵写真』 明治天皇御下命の写真帖 功臣として遇された神職

平成29年06月17日付 6面

 明治十二年十一月、明治天皇は宮内卿の徳大寺実則に「群臣」の肖像写真の蒐集を御下命になられた。

さうして完成したのが、現在、宮内庁三の丸尚蔵館に所蔵される『明治十二年明治天皇御下命「人物写真帖」』全三十九冊であり、そこには皇族十五方、高等官ら四千五百三十一人の肖像写真と、六百二十一人分の詠進歌が収められてゐる。

三の丸尚蔵館編の図録は現在入手困難となってをり、さうした中、編者の精緻な解説を付し、一千余人分の肖像を掲載した本書が公刊された意義は大きいだらう。

〈本体3400円、吉川弘文館刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(静岡・秋葉山本宮秋葉神社権禰宜 河村忠伸)
関連書籍
[31600257] 明治をつくった人々 新刊 おすすめ
3,400 円(本体価格)
刑部芳則編 / 吉川弘文堂
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧