文字サイズ 大小

【新刊紹介】浜口倫太郎著『神様ドライブ』 社頭講話のヒントも満載 全国参拝の「ロード小説」

平成29年07月10日付 6面

 本書の作者である浜口倫太郎は、「ロードムービー」になぞらへた「ロード小説」を描きたいといふ構想を持ってゐたものの、日本では国土の狭さから、一週間もあれば物語が完結してしまふことが難点であったさうだ。ところが、神社好きの友人からの示唆で、神社について調べていくなか、「日本の神社数は、コンビニの五万より多い」といふ「驚愕の事実」を知り、神社を巡る「ロード小説」の構想がまとまっていったといふ。

 各地の神社を巡り多くの神職を目にしたであらう作者が、神職に望む姿をここに記したのではないだらうか。小説とはいへ、このさりげないメッセージを、我々は見逃してはならないのである。
〈本体1500円、講談社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(皇學館大学神職養成部長、三重・縣神社宮司 秦 昌弘)
関連書籍
[30480146] 神様ドライブ 新刊 おすすめ
1,500 円(本体価格)
浜口倫太郎著 / 講談社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧