文字サイズ 大小

石上神宮で錬成研修会 講師たる人材の養成を;神総研

平成29年07月17日付 1面

 神社本庁総合研究所(所長=田中恆清総長)主催の第六十三回神道行法錬成研修会が七月三日から六日まで、奈良県天理市の石上神宮(森正光宮司)で開催され、全国各神社庁研修所の担当者など二十六人が参加した。
 神道行法錬成研修会は、「神社庁研修所の講師たるべき人材の養成をおこなひ、斯道の昂揚発展に資すること」が目的。昭和二十九年に「第一回神道行事講習会」として開催されて以来、同神宮一社相伝の鎮魂法などを教授する貴重な機会として、参加者が精神の修養・鎮魂法の研鑽に励んでゐる。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧