文字サイズ 大小

遺族や青少年参加のもと今年も硫黄島訪島事業 

平成29年09月04日付 5面

 一般財団法人日本文化興隆財団(田中恆清理事長)と公益社団法人日本青年会議所関東地区協議会(平野伸一会長)が主催する「硫黄島訪島事業」が、八月二十一・二十二の両日に開催され、硫黄島における戦歿者の遺族などを含む五十五人が参加した。
 「歴史や先人たちの想ひを身近に体感することで、祖国を愛する気持ちと未だ終はらない事実について認識し、先人たちに対して哀悼の意を捧げ、硫黄島に関する事柄を風化させずに伝承できる人材を育成すること」を目的とする同事業は、平成十九年から同協議会が継続してゐたもので、一昨年から同財団が共催してゐる。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧