文字サイズ 大小

総会・研究会を開く 特例法に関する発表 政教関係を正す会 

平成29年09月04日付 1面

 政教関係を正す会(大原康男会長)の総会と研究会が八月二十四日、神社本庁大講堂で開催され、会員ら約五十人が出席した。今回の研究会は、「天皇の退位等に関する皇室典範特例法」が六月十六日に公布され、公布日から三年を超えない範囲内で今上陛下の譲位が想定されてゐることを踏まへ、主題を「御代替の諸儀と政教問題」と設定。同会常任幹事で日本大学名誉教授・国士舘大学特任教授の百地章氏と、京都産業大学名誉教授でモラロジー研究所教授の所功氏が発表した。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧