文字サイズ 大小

神職21人が滝行 復興祈願も胸に 長野県神社庁


 【長野】県神社庁教化部(武藤美登教化部長)では八月十七・十八の両日、木曽郡王滝村で教養研修会を開催し、神職二十一人が参加した。
 この研修会は、同村を含む御嶽山の麓で古来、登拝前に滝での百日の潔斎が必要だったことに鑑みて、古くからの行場で滝行を経験し、教養を高めることが目的。この地域が、平成二十六年九月の御嶽山噴火と今年六月の県南部を震源とする地震等で大きな被害に遭ったことから、復興祈願の意もこめられた。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧