文字サイズ 大小

齊藤壽胤著『あきた風土民俗考』 民俗の過去と現在通観 「地元復興」の手懸りに

平成29年09月25日付 6面

 齊藤壽胤氏は、私の尊敬する先輩である。秋田県内を隈なく歩き、その歴史と民俗を知悉する先輩神職として、いつも数多の御教示を仰いでゐる。その齊藤氏が、今般、『あきた風土民俗考』を上梓した。
 本書は、平成二十五年四月以来、三年間に亙って「秋田魁新報」に連載されたものである。

近年の厳しい情勢の只中、敢へて地方に根をおろし、地域の蘇生を目指す若者も決して少なくはない。そんな若者たちの「地元復興」の手懸りとして、本書が活用されること。それこそが、著者の本意であらう。
〈本体1300円、秋田魁新報社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(國學院大學神道文化学部学部長・武田秀章)
関連書籍
[35850001] あきた風土民俗考 新刊
1,300 円(本体価格)
齊藤壽胤 / 秋田魁新報社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧