文字サイズ 大小

現代神社と実務研究会 神職と一般の会 二十年で祝賀会

平成29年10月04日付 5面

 「現代神社と実務研究会」(代表=山本孝司座間神社宮司)の発足二十周年記念祝賀会が九月十八日、東京・港区の芝大神宮(勝田博之宮司)で開催され、約八十人が参加した。
 同研究会は、刻々と変化する多くの問題に直面して情報収集や分析に孤軍奮闘する神職が多いことに鑑み、神社実務を見直して、祭祀・祭礼への多角的な取組みを意識するとともに調査・研究への関心を高めることを目的として平成十年に発会。

 午後二時から同神宮で正式参拝をおこなひ、筑紫舞「橘」「案山子」を奉納した。

 続いて、神戸女子大学名誉教授の鈴鹿千代乃氏と、相撲宗家吉田司家上見締役の吉武克敏氏がそれぞれ記念講演をおこなった。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧