文字サイズ 大小

巫女のあれこれ体験 県内で初開催 岐阜県神道振興会

朱印に挑戦する参加者
朱印に挑戦する参加者

 【岐阜】県内の若手神職を中心に組織する県神道振興会(杉本純一会長)では八月二十日、岐阜市の岐阜護國神社(宇都宮幸嗣宮司)で青少年育成事業「巫女体験」を実施し、十二歳から二十四歳までの女性三十三人が参加した。
 この事業は、近年の朱印ブームや参拝者に若い女性が増えてゐることを受けて計画。若い女性を対象に、神道についての正しい知識を深め、神社や神職・巫女をより身近に感じてもらふことを目的とし、県内では初めての開催となった。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧