文字サイズ 大小

記事検索・一覧

キーワード
分類
タイトル
日付
  件表示で
7 件の記事が見つかりました。
<<< 前の20件      次の20件 >>>


【オピニオン】 論説   - 平成29年05月22日
 民生委員制度は、今から百年前の大正六年に岡山県で始められた「済世顧問」制度を端緒とする。前年の地方長官会議において大正天皇から、「県下の貧しい人びとの生活状況はどうか」との御下問を受けたことをきっか ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 平成29年05月22日
 「観光ビッグバーン」(民族大遊動)といはれるほどに、旅行が盛況である。  ただ、そこでの文化度が向上してゐるか、といへば、さうとはいひきれまい。たとへば、紀行文学は、明らかに後退してゐるのである。   ...

【オピニオン】 論説   - 平成29年05月15日
 日本国憲法は、今年五月三日に施行七十年の節目を迎へた。人生でいへば「古稀の祝ひ」をなすべき時ではあるが、憲法に関する限り「憲法記念日」を祝ふ気にはなれないのである。  それはなぜか。一国の憲法にとっ ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 平成29年05月15日
 天地の神にそいのる朝なきの海のことくに波たゝぬ世を(昭和天皇御製)。  浦安の舞は昭和十五年の皇紀二千六百年を奉祝して、冒頭の御製に当時の宮内省楽部の多忠朝楽長が作曲作舞し、奉祝祭当日、全国の神社で ...

【オピニオン】 論説   - 平成29年05月01日
 本紙既報の通り國學院大學は昨年十一月、文部科学省平成二十八年度「私立大学研究ブランディング事業」タイプB(世界展開型)「『古事記学』の推進拠点形成―世界と次世代に語り継ぐ『古事記』の先端的研究・教育 ...

【オピニオン】 杜に想ふ   - 平成29年05月01日
 日本出身の横綱が十九年ぶりに誕生し、大逆転による涙の優勝劇と共に角界の久々の朗報に相撲人気も盛上がりを見せてゐる。国技としての面目躍如といった感じであらうか。  昨夏のことであるが、私が住まひする市 ...

【オピニオン】 論説   - 平成28年12月19日
 今年も残すところあとわづかとなり、本紙は今号で年内最終号となる。  歳末にあたりこの一年を振り返れば、初代・神武天皇の二千六百年式年祭の年にあたり、奇しくもわが国のあり方、わけても神武創 ...