文字サイズ 大小

石﨑貴比古著『きれいな心のつくりかた』 平易に神道の価値観を心豊かな生活の一助に

平成30年01月01日付 9面

 人は誰しもきれいな心でありたいと思ふものだが、実際は難しい。どうすれば心が軽くなるだらうか、心を穏やかに保つにはどうしたら良いか、といふ日常生活の悩みに対し、本書は「神道が一般の生活者に役立つ知恵となり得るよう」、きれいな心をつくるための考へ方や習慣が纏められてゐる。

 著者自身も「『きれい』とはいいがたい心が日々生じることを悩ましく思って」ゐると書いてゐるが、本書はその正直さが素直な文体で表されてをり、紡ぎだす言葉はあたたかく、悩める心にそっと寄り添ふやうな優しさが感じられる。とくに、日常の忙しさに追はれ、少し疲れ気味の方に御一読いただきたい。
〈本体1350円、文響社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(ライター・横山由香)
関連書籍
[35880001] きれいな心のつくりかた おすすめ
1,350 円(本体価格)
石崎貴比古 / 文響社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧