文字サイズ 大小

地域づくりで草競馬復活 十回目を迎へる桜の行事で 庄内神社


 【三重】鈴鹿市の庄内神社(三村昇治宮司)境内などで恒例の「庄内桜まつり」が三月十日におこなはれ、今年は草競馬が復活するなど約五千人の来場者で会場は賑はった。
 庄内桜まつりは十年前、従前は各集落の自治体ごとに開催されてゐた催しを、三村宮司の働きかけもあり同神社を中心に一つの行事として結集したもの。庄内地区連合自治会を母体とする「庄内地区地域づくり協議会」(大石徹也会長)の主催のもと、盛大におこなはれるやうになった。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧