文字サイズ 大小

畏き辺りよりの幣帛奉り 遷座千三百年の奉祝奉幣祭 御上神社


 【滋賀】野洲市の御上神社(垣内宏之宮司)では四月十五日、遷座千三百年記念の奉祝奉幣祭を斎行し、氏子崇敬者など約百十人が参列した。
 同神社は元正天皇の御代、養老二年(七一八)三月十五日に藤原不比等が勅命を拝し、榧木原と称された現在の鎮座地に造営し、三上山から祭神・天之御影神を遷祀したと伝はる。現在は月遅れの毎年四月十五日に遷祀祭が執りおこなはれてゐる。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧