文字サイズ 大小

憲法記念日 各所で改憲求める集会

平成30年05月14日付 1面

早期の国会発議を求める 民間憲法臨調・国民の会
 今年も憲法記念日の五月三日を中心に各所で早期改憲を求める集会等が開かれ、神社本庁も参画する「二十一世紀の日本と憲法」有識者懇談会(通称・民間憲法臨調、櫻井よしこ代表)と「美しい日本の憲法をつくる国民の会」(櫻井よしこ、田久保忠衛、三好達共同代表)では五月三日、東京・千代田区の砂防会館別館で「今こそ、憲法改正の国会発議を!」と題する第二十回公開憲法フォーラムを開催し、約千二百人が参集した。

日本に相応しい憲法を 新憲法制定議員同盟
 超党派の議員で組織する新憲法制定議員同盟(中曽根康弘会長)では五月一日、東京・千代田区の憲政記念館で「平成三十年度新しい憲法を制定する推進大会~『自立と共生』に向けて~」を開催し、各党代表をはじめ約千五百人が参加した。

国民投票に向け判断力を 自主憲法制定国民会議
 新しい憲法をつくる国民会議(=自主憲法制定国民会議、清原淳平会長)は五月三日、東京・新宿区の四谷区民ホールで「第四十九回新しい憲法をつくる国民大会」を開催し、約四百人が参加した。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧