文字サイズ 大小

ヨットレースの奉告祭 日本の伝統感じる場で 大阪天満宮


 【大阪】大阪市北区の大阪天満宮(寺井種治宮司)で五月五日、ダブルハンドヨットレース「メルボルン大阪カップ」の開催奉告祭と表彰式がおこなはれ、競技者や大会関係者などが参列した。
 この競技は、乗員二人の帆走艇による長距離競走で、出発地点のオーストラリア・メルボルンから五千五百海里(約一万百八十㌔)を経て終着地点である大阪を目指すもの。

 同宮での奉告祭と表彰式の開催は「日本の伝統を感じられる場所で無事に到着できたことに対する感謝を捧げたい」と主催者側からの熱い要望があって実現。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧