文字サイズ 大小

畏き辺りよりの幣帛奉り 丹生川上神社上社 遷座二十年奉祝大祭


 【奈良】吉野郡川上村の丹生川上神社上社(望月康麿宮司)では五月二十日、畏き辺りよりの幣帛を献じて遷座二十年奉祝大祭を斎行し、氏子崇敬者など約三百人が参列した。

 昭和三十四年、伊勢湾台風が紀の川流域を襲ひ壊滅的な被害を受けたことから、紀の川の治水が根本的な変更を迫られ、同村大滝に特定多目的ダムが建設されることとなった。これに伴ひ境内地は水没のやむなきこととなり、平成十年三月に現在地に遷座した。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧