文字サイズ 大小

神前に幣饌料奉り あはせて植樹祭も 伊佐須美神社

辛櫃を先頭に参進する神職
辛櫃を先頭に参進する神職
記念植樹祭
記念植樹祭

 【福島】大沼郡会津美里町の伊佐須美神社(沼澤文彦宮司代務者)では六月十五日、幣饌料供進大祭並びに記念植樹祭を斎行し、責任役員・総代・氏子崇敬者ら約四十人が参列した。
 福島では九日から十一日まで天皇・皇后両陛下が第六十九回全国植樹祭御臨場併せて地方事情御視察のために行幸啓遊ばされてをり、思召しをもって県内の旧官国幣社及び旧指定護国神社に幣饌料をお供へされるやう仰せ出されてゐた。九日にはいわき市の行在所で伝達式が執りおこなはれ、河相周夫侍従長を通じて各神社に幣饌料が伝へられてゐる(既報)。

豊かな自然願ひ 多様な樹種植ゑ

 引き続き同神社外苑の「あやめ苑」で、記念植樹祭を斎行。
 樹種は、今回の植樹祭の主題「育てよう希望の森をいのちの森を」を踏まへ、故郷の森が再び豊かになる一歩となるやう、同神社の社叢及び会津地域に自生する常緑樹や落葉樹のほか、花が咲いたり実が成ったりするなど多様に選定した。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧