文字サイズ 大小

【新刊紹介】岡田幹彦著『日本の偉人物語② 上杉鷹山 吉田松陰 嘉納治五郎』 とくに次代担ふ若者へ 熱き思ひこめた偉人伝

平成30年07月09日付 6面

 これまで、わが国の偉人の評伝を数多く著してきた岡田幹彦氏の近著『日本の偉人物語②上杉鷹山 吉田松陰 嘉納治五郎』が出版された。
 「百人余りの人物を一巻で三、四人とりあげる日本の偉人物語である。読んでいただく主な対象は中学生と高校生、そしてその親御さんである」(『日本の偉人物語①』「はじめに」より)との著者の言の通り、本書は親も含め若い世代に向け熱い思ひをこめて書かれたシリーズの第二巻である。
 上杉鷹山、吉田松陰、嘉納治五郎の三人は、活動した時代は異なるものの、それぞれ後世に語り継がれる業績を残したことに違ひはない。

 先人たちの生きた時代とは異なる様相で、現代にも多くの難題が存在する。それらを乗り越えるため、困難に正面から向き合ひ克服していった偉人の記録を虚心に読み、心の襞に染み込ませることは重要である。とくに若い世代には、その記憶を自らのものとして思慮を深め、新たな時代を切り開く便としてもらひたい。

〈本体1296円、光明思想社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(近現代史研究家・松枝智瑛)
関連書籍
[34690003] 日本の偉人物語�A 上杉鷹山 吉田松陰 嘉納治五郎 新刊 おすすめ
1,296 円(本体価格)
岡田幹彦 / 光明思想社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧