文字サイズ 大小

【新刊紹介】國學院大學みちのきちプロジェクト編『みちのきち 私の一冊』 良い本との出会ひには 人生を変へる力がある

平成30年07月09日付 6面

 「みちのきち」とは未知を既知にし、機智を育み、生きていく人生の道の基地となる場所を目指し、渋谷キャンパスの学術メディアセンター一階に設へられた空間。ここはフリースペースで、学生や同窓生、訪問者が自由に本と親しめる。食、未知なる場所、日常、聖なるもの、日本の来歴、さまざまなものがたりからマンガまで、選び抜かれた本三百冊が大樹の葉のやうに並べられてゐる。誰もが大樹の根元に腰かけて、本とのひと時を過ごせる。
 その「みちのきち」が日本で現在活躍する百九人の著名人――たとへば池上彰氏などメディアで活躍する人々をはじめアスリート、政治家、SKE48のみなるんなど。会ふことはかなはないけれど興味をそそられずにはゐられない人たち――から、それぞれの人生で出会ったたいせつな一冊についての原稿を募った。百九人の百九冊を写真と共に紹介するべく企画されたのが、この『私の一冊』である。本書には、インターネットや電子書籍に囲まれた現代社会に生きる若者に、書物を手に取り読むことを日常にしてほしい、といふ「みちのきち」に関はる方々の祈りと願ひがこめられてゐる。

〈本体1800円、弘文堂刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(福井・平泉寺白山神社権禰宜 平泉和美〈児童文学作家・大庭桂〉)
関連書籍
[30510066] みちのきち 私の一冊 おすすめ
1,800 円(本体価格)
國學院大學 みちのきちKokukgakuin Book Project / 弘文堂
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧