文字サイズ 大小

「ぼくたち、わたしたちのニッポンの祭り」 8団体の子供たちが郷土芸能を披露

平成30年09月03日付 4面
岩手・大宮神楽
岩手・大宮神楽
熊本・古閑の虎舞
熊本・古閑の虎舞

 【東京】新宿区の日本青年館ホールで八月二十日、文化庁と公益社団法人全日本郷土芸能協会(中嶋春洋理事長)が主催する「ぼくたち、わたしたちのニッポンの祭り二〇一八~全国の子どもたちが未来に繫ぐ、ふるさとの芸能が大集合~」が開催され、約六百七十人が参集した。この催しは、日本各地で民俗芸能を伝承する子供たちが東京に集ひ、その披露を通して広く一般に民俗芸能の重要性や力強さを認識してもらひ、地域の民俗芸能の保存と振興とを図るとともに、地域の魅力創生と日本の文化遺産の価値を発信することが目的。文化庁の平成三十年度戦略的芸術文化創造推進事業に採択されてゐるほか、全国民俗芸能保存振興市町村連盟や神社新報社などが後援してゐる。
 今回出演したのは八団体。全国五つの地区の代表五団体と被災地からの復興支援枠として選ばれた岩手・熊本の二団体に加へ、在日海外団体一団体が選ばれた。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧