文字サイズ 大小

過疎地活性化施策の「特区」三県で指定書交付式

平成30年11月26日付 1面
指定書交付式に続き、それぞれ今後の施策展開などについて意見を交換(上から愛媛、長崎、岡山)
指定書交付式に続き、それぞれ今後の施策展開などについて意見を交換(上から愛媛、長崎、岡山)

 神社本庁の過疎地域神社活性化推進施策の中で、とくに神社本庁と神社庁による重点的な支援を展開する「特区」に指定された愛媛・長崎・岡山の指定書交付式が、それぞれの県神社庁でおこなはれた。

 愛媛県上浮穴郡久万高原町(中心支部=久万支部〈小野哲也支部長〉)の指定書交付は十一月五日に、長崎県島原半島地域(中心支部=島原南高支部〈上田萬秋支部長〉)は同六日に、岡山県津山市(中心神社=髙野神社〈河原重彦宮司〉)は同十九日に実施。各交付式とも神社庁長や特区関係者などが出席した。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧