文字サイズ 大小

中汲酒を供して大山祭 故事に基づき豊穣祈願 伏見稲荷大社


 【京都】京都市伏見区の伏見稲荷大社(中村陽宮司)では一月五日、鎮座する稲荷山山上の御膳谷で大山祭を斎行した。
 この祭典は、その昔、御膳谷に御饗殿と御竈殿があり、御饌石と呼ばれる霊石の上に神饌を供へたといふ故事に基づいて毎年斎行されてゐるもの。御膳谷で斎土器(耳土器)といふ「かはらけ」に中汲酒を盛り、御饌石の上に供へて生産の豊穣を祈願する。当日の早朝、山上の神蹟七カ所に注連縄を張ることから「注連縄張り神事」とも呼ばれてゐる。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧