文字サイズ 大小

【新刊紹介】宮脇定久編著『宮川宗徳大人伝記』 獅子奮迅の活躍知る書 書翰や写真も多数収録

平成31年02月04日付 6面

 本書にて「炎の男」と評するやうな、宮川翁のその燃え上がるやうな生涯をどのやうに評し、伝へられるのかといふ点では、逝去後の昭和三十九年に発刊された本書とほぼ同名の『宮川宗徳―その伝記と遺稿』(以下『伝記』と称す)があるものの、同書は外遊雑記が大半を占めてをり、葦津・吉田両大人よりも殊の外、手元に大人の業績を知り得る資料等が少ないこともあって思ひあぐねてゐた。それだけに宮川大人の出生地である阿蘇の地での幼少期から紐解き、昭和二十八年の第五十九回の神宮式年遷宮への尽力に至るまでの事績、さらには父の宗保翁の残した書翰や経歴等についても記されてゐることは、たいへんありがたい限りである。

 本書刊行に至る編者の労苦や宮川宗徳大人顕彰会の関係各位の御尽力に心より感謝申し上げたい。
〈宗徳会への協賛者(一万円)に贈呈(肥後銀行高森支店普通一四一六二〇五、ゆうちょ銀行店番号七一八普通三八〇六八八二)、宮川宗徳大人顕彰会出版部刊。問合せは宮脇氏(電話〇八〇―一七七七―〇七四八)まで。ブックス鎮守の杜でも取り扱ってゐる〉
(國學院大學准教授・藤本頼生)
関連書籍
[36100001] 宮川宗徳大人伝記 新刊 おすすめ
10,000 円(本体価格)
宮脇定久 / 宮川宗徳大人顕彰事業出版部
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧