文字サイズ 大小

華やかに謡囃子を 伝統繫がうと再興 射楯兵主神社


 【兵庫】姫路市の射楯兵主神社(西本和俊宮司)で、江戸期まで式年大祭でおこなはれてゐたと伝はる「謡囃子」が一月十四日の初ゑびす祭の宝恵駕籠行列で再現され、約八十人の参加者が沿道を華やかに練り歩いた。
 同神社には二十年に一度の三ツ山大祭、六十年に一度の一ツ山大祭と二つの式年大祭が継承されてゐる。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧