文字サイズ 大小

柳田国男著『祭祀習俗事典』 神社本庁編で昭和に刊行 柳田の代表的業績が復刊

平成31年03月04日付 6面

 本書は、昭和三十八年に出版された柳田国男著『分類祭祀習俗語彙』(神社本庁編・角川書店)を改題して復刊された。

 柳田の序文にある昭和三十六年七月は、最晩年の編纂を意味し、自らは初版本出版前年に亡くなる。

 柳田の意思から約七十年後の現在、地域神社や祭礼をめぐる状況は大きく変化し、少子高齢化・人口減少に伴ふ影響は神社・祭礼の維持すら困難にしつつある。今回の復刊が編纂に携はった諸氏の意思を継承するきっかけとなることを望みたい。
〈本体3300円、河出書房新社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉(皇學館大学准教授・板井正斉)
関連書籍
[31650006] 祭祀習俗事典 おすすめ
3,300 円(本体価格)
柳田 国男 (著) / 河出書房新社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧