文字サイズ 大小

【新刊紹介】西修著『証言でつづる 日本国憲法の成立経緯』 当事者の生の声から 憲法制定過程を知る

平成31年03月11日付 6面

 本書で取り上げる日本国憲法成立の経緯に限らず、戦中期から戦後に至る政治体制の変容等については、昭和四十年代に伊藤隆らの内政史研究会が戦前期の官僚・政治家を対象に実施したインタビュー記録など厖大なオーラルヒストリー(口述歴史)の蓄積がある。また昭和三十年代からの内閣の憲法調査会における参考人の陳述記録もあり、さらに近年では御厨貴らが政治学の立場から昭和期の政治家らのオーラルヒストリーに取り組んでゐたこともあって、改めてその意義が見直されてゐる。

 かうしたオーラルヒストリーの重要性を憲法学、政治学の分野から見直したのが、本書の著者である西修駒澤大学名誉教授であらう。西氏は比較憲法学の着実な研究成果でも知られるが、一方で現行の日本国憲法の制定過程をより明確化するために、三十五年前からGHQの憲法原案の起草者や、憲法草案の取扱ひに関与した法制官僚らに対してインタビューを実施してきた。

 改めて当時のインタビュー資料のテープ約三十本や手紙・メモ類を再整理して収録したのが本書である。激しく劣化した過去の音声テープを改めて聞き直した上で文字化する作業の苦労に、心より敬意を表する次第である。

本書に描かれた憲法制定過程の生々しい証言の一つ一つを、ぜひ神職をはじめ神社人に御一読いただき、憲法制定における真実を知っていただきたいと思ふ。
〈本体2500円、海竜社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(國學院大學准教授・藤本頼生)
関連書籍
[30220011] 証言でつづる日本国憲法の成立経緯 新刊 おすすめ
2,500 円(本体価格)
西 修 / 海竜社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧