文字サイズ 大小

【新刊紹介】明治神宮監修『英訳付き 明治神宮案内帖』 神社・神道を紹介する方途 写真と解説で取り組む好例

平成31年04月22日付 7面

 神社や神道をどのやうに紹介したら良いのか。人の興味を惹くことは必要だし、神社や神道の神髄も把握してもらはなければならない。一方、一気にすべてを説明しようとしたら、相手を圧倒してしまふ。最近出版されたこの本で、明治神宮がこの難題と取り組んでゐる。

 この本の特徴として――私に新刊紹介が依頼された理由でもあると思ふが――説明文の英訳を掲載してゐることが挙げられる。

 神社は日本の文化であるし、西洋文化と根本的に違ふので、ただロンドンで見える施設かのやうに描写するわけにはいかない。他方、案内帖で神社は外国人のための施設ではない印象を与へたら、案内帖の役割を果たせないのではないだらうか。これは簡単には解決できない問題なので、この本のやうに真剣に取り組む作品を歓迎して、これからの取組みの糧とするのが一番良いだらう。
〈本体1800円、PARCO出版刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(神社本庁嘱託・チャート出意人)
関連書籍
[35960002] 英訳付き 明治神宮案内帖 新刊 おすすめ
1,800 円(本体価格)
明治神宮 監修 / PARCO出版
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧