文字サイズ 大小

生誕の地で楠公祭 忠義の精神を今に


 【大阪】建武中興の忠臣・楠木正成公の生誕地とされる南河内郡千早赤阪村で四月二十五日、楠公祭が斎行され、来賓や地域住民など約二百人が参集した。
 楠公は永仁二年(一二九四)の四月二十五日に同村で生誕したといはれてゐる。村の集落にほど近い丘陵上、水分の地には「楠公生誕地」の碑が建てられ、大切に守られてきた。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧