文字サイズ 大小

天皇陛下よりの幣帛奉り 鎮座千三百年の式年大祭 籠神社

式年大祭での奉幣
式年大祭での奉幣
能「真名井原」の奉納
能「真名井原」の奉納

 今年鎮座千三百年を迎へた京都府宮津市の籠神社(海部穀成宮司)では、五月十八日に畏き辺りよりの幣帛を奉って式年大祭を斎行し、祭典後には奉祝記念式典をおこなった。同神社の縁起を描く能「真名井原」も復曲し、当日、四百三十六年ぶりに演じられた。同神社では記念事業として、老朽化が進んでゐた奥宮・眞名井神社本殿の大修理をおこなったほか、記念事業の協力者名を記した顕彰碑を境内に設置するなどしてゐる。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧