文字サイズ 大小

奈良・丹生川上神社下社で本殿遷座祭 畏き辺りより幣帛を賜り奉幣の儀を

遷座祭奉幣の儀参進
遷座祭奉幣の儀参進
復元された階で遷座祭
復元された階で遷座祭
狂言「福の神・丹生大明神」
狂言「福の神・丹生大明神」

 【奈良】県吉野郡下市町の丹生川上神社下社(皆見元久宮司)では、丹生山山上の本殿の改修や、本殿と拝殿とを結ぶ階の再建など境内整備が完了し、六月一日の例祭に先立つ五月三十日、本殿遷座祭遷座の儀を、翌三十一日に天皇陛下よりの幣帛を神前に奉る祭儀を執りおこなった。本殿遷座祭への幣帛供進は令和の御代になってから初めて。奉幣の儀では御即位を奉祝し舞楽「萬歳楽」が、祭典後には狂言「福の神・丹生大明神」が、それぞれ拝殿前で奉納された。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧