文字サイズ 大小

いわきで「千度大祓」慰霊と復興への祈りを

慰霊祭での「請戸の田植踊」㊤、参列者全員で大祓詞を奏上㊦
慰霊祭での「請戸の田植踊」㊤、参列者全員で大祓詞を奏上㊦

 【福島】いわき市の神社関係者が組織する「いわき『大祓』の会」(会長=里見潤同市神社総代会会長)は七月十四日、同市の豊間公園で「千度大祓」を執りおこなひ、東日本大震災犠牲者の慰霊・鎮魂ならびに復興への祈りを捧げた。
 千度大祓は「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う」と定められた「海の日」に因み、震災の記憶を後世に語り継ぎつつ、かつての豊かな海や生活の復興を願ひ、犠牲者の御霊を鎮めることが趣旨。震災が発生した平成二十三年以降、毎年続けられてをり、いわきコミュニティ振興グループが共催、県神社庁(丹治正博庁長)が後援してゐる。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧