文字サイズ 大小

山崎闇斎生誕から400年 記念の祭典と講話を 下御霊神社

西岡教授の講話
西岡教授の講話
松本教授による解説
松本教授による解説

 【京都】京都市中京区の下御霊神社(出雲路敬栄宮司)では、藝林会(平泉隆房会長)協力の上、十一月三十日に「山崎闇斎先生生誕四百年祭」を斎行し、全国より約百人が参列した。
 この神事は令和元年が近世を代表する神道思想の一つ、垂加神道を創唱した山崎闇斎の生誕四百年にあたることから、その学徳を称へようとするもの。午後一時から同神社境内に鎮座する猿田彦社に合祀される「垂加社」前で、出雲路宮司が斎主を務めて斎行された。

 その後、拝殿で西岡和彦國學院大學教授が「闇斎先生と中臣祓」と題して講話。

 講話に引き続き、参列者に配布された学統系図「垂加神道系譜」を、作成者の松本丘皇學館大学教授が解説した。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧