文字サイズ 大小

勅使参向のもと春季例大祭 宮司以下祭員のみの奉仕で 靖國神社

令和2年05月04日付 1面
畏き辺りよりの幣帛を納めた辛櫃とともに進む勅使ら
畏き辺りよりの幣帛を納めた辛櫃とともに進む勅使ら

 東京・千代田区の靖國神社(山口建史宮司)では、四月二十一・二十二の両日に春季例大祭が執りおこなはれ、二十二日の当日祭には勅使参向のもと、畏き辺りよりの幣帛が奉られた。今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、参列者のゐない祭典となり、例大祭期間も一日短くなってゐる。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧