文字サイズ 大小

観光協会などが要望 感染症の終熄祈る祭典 鎮神社


 【長野】塩尻市の鎮神社(巣山清人宮司)では五月四日、地元観光協会や氏子らの要望により、「新型コロナウイルス鎮静祈願祭」を執りおこなった。
 同神社は旧中山道の奈良井宿に鎮座。江戸時代の元和四年(一六一八)、地域に「すくみ」といふ疫病が流行した際に下総国(現・千葉県)に鎮座する香取神宮から経津主神を勧請したことに始まる。鎮座を契機に疫病が鎮まったことから、鎮神社と名付けられ住民の信仰を集めてきた。このたびの鎮静祈願祭は、同神社の故事を知った塩尻市観光協会が巣山宮司や氏子に打診し、斎行する運びとなった。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧