文字サイズ 大小

感染症の影響と支援策 意見等を取り纏めて発表 日宗連

令和2年07月06日付 2面

 神社本庁も参画する公益財団法人日本宗教連盟(岡田光央理事長)では「このたびの新型コロナウイルスの社会的影響と、政府の支援策について」との意見を纏め、六月二十三日付で発表した。減収した事業所に政府が最大二百万円を給付する持続化給付金の対象から宗教法人が除外されたことへの危機感などを示すとともに、これまでの感染症対策の経緯を纏めてゐる。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧