文字サイズ 大小

公益財団法人日本文化興隆財団企画 「神社検定」副読本 マンガならわかる!『日本書紀』日本神話を平易に 書紀に親しむ好例

令和2年08月31日付 5面

 本年は、元正天皇の養老四年、『日本書紀』(以下『書紀』と略す)が撰上されてから千三百年といふ節目の年であることは、ここに繰り返すまでもないが、この記念すべき年に、日本文化興隆財団が主催する神社検定の副読本として刊行されたのが本書である。すでに神社検定の公式テキストとして『神話のおへそ・日本書紀編』が刊行されてゐたが、これを基にしてマンガ化したものである。

 最初の正史であるとともに神典として長くその地位を占めてきた『書紀』には、『古事記』のみでは知ることができないわが国の淵源と、祖先の理想への足跡とが記されてゐる。本書の刊行が、『書紀』の価値を改めて見直す契機となることを期待したい。
〈本体2000円、扶桑社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(皇學館大学教授・松本丘)
関連書籍
[30075036] マンガならわかる!『日本書紀』 新刊 おすすめ
2,000 円(本体価格)
公益財団法人 日本文化興隆財団 / 扶桑社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧