文字サイズ 大小

七月豪雨 被災した熊本県内の神社で 青年神職らが復興支援活動

令和2年08月31日付 1面
人吉市・薩摩瀬神宮での作業
人吉市・薩摩瀬神宮での作業
球磨郡球磨村・大瀬阿蘇神社での活動
球磨郡球磨村・大瀬阿蘇神社での活動

 「令和二年七月豪雨」で大きな被害に遭った熊本県では、県神道青年会(小林雄彦会長)の会員らが被災した県内の神社において、復興支援活動を実施してゐる。

 被害の深刻さを目の当たりにした同会では、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため県外からの支援活動の受入れに制限のかかる状況にも鑑み、「逸早く自分たちにできることを」と支援活動を計画した。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧