文字サイズ 大小

松尾大社監修・丘 眞奈美著『松尾大社 神秘と伝承』 神社史や境内など 魅力に気づく良書

令和2年09月07日付 6面

 読者の皆さんは京都・松尾大社を訪れたことがありますか?

平成三十年六月には、「平成の御遷宮」として本殿遷座祭が斎行されました。

そんな「平成の御遷宮」の竣功記念で出版されたのが『松尾大社 神秘と伝承』。同大社の神代から近世に亙るまでの神祕的な伝承と、同大社を創建し支へてきた秦氏の歴史がふんだんに詰まった“松尾大社の宝箱”のやうな書籍です。

 洛西総氏神、また醸造祖神として崇敬を集めてきた同大社。訪れたことのある人もない人も、読了する頃には足を運んでその“神祕と伝承”に触れてみたくなる……そんな一冊です。
〈本体1800円、淡交社刊。ブックス鎮守の杜取扱書籍〉
(涙)
関連書籍
[30180049] 松尾大社 神秘と伝承 新刊 おすすめ
1,800 円(本体価格)
著者:丘 眞奈美 監修:松尾大社 / 淡交社
詳細

読書 一覧

>>> カテゴリー記事一覧