文字サイズ 大小

四月定例総会に代はり ウェブ会議で常任委を 神青協

令和2年09月07日付 1面

 神道青年全国協議会(金田祐季会長)は八月二十七日、新型コロナウイルス感染症の流行に鑑み、例年四月におこなってゐる定例総会をウェブ会議システム「ズーム」を使用した常任委員会として開催し、令和二年度の活動方針や事業計画案などを審議した。

コロナ主題に 意見の交換など

 常任委員会終了後には「しゃべり場~『こんな時だからこそ「密」に語ろう』~」を開催。コロナ禍による各種事業の中止により神青協と各単位会との交流が減少してゐる状況に鑑み、「コロナ禍における事業の可能性と工夫」を主題に金田会長が進行役を務めて意見交換をおこなった。

夏期勉強会では 幸福の形と神社

 午後三時十五分からは、全国の会員を対象とする夏期勉強会が「『新たな日常』における神社の在り方」を主題に開催され、約百六十人が参加。西高辻信宏副会長がモデレーターを、医学博士で公益財団法人ウェルビーイングフォープラネットアース代表理事の石川善樹氏と、理論物理学者で同財団法人理事の北川拓也氏が講師を務めた。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧