文字サイズ 大小

コロナ禍終熄を祈り 有志「鹿ん舞」を披露 浅間神社


 【静岡】神社本庁過疎地域神社活性化推進施策の指定地域・榛原郡川根本町の浅間神社(山下慎吾宮司)で毎年奉納される「鹿ん舞」の経験者有志が、八月十五日に新型コロナウイルス感染症の早期終熄を祈る「鹿ん舞道行」をおこなった。

 例年は帰省する親族など人口の四、五倍が集まる行事だが、今年は感染拡大防止の観点により規模を縮小。かうした状況に、かつて舞を奉仕した地元の六十五歳前後の有志約二十人が「伝統の文化。せめて形だけでも実施したい」との思ひで立ち上がった。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧