文字サイズ 大小

六年に一度の勅祭で 勅使参向のもと例祭 鹿島神宮

令和2年10月05日付 1面
例祭に参向した勅使㊤、疫病除けを祈願する「鹿島踊り」㊦
例祭に参向した勅使㊤、疫病除けを祈願する「鹿島踊り」㊦

 【茨城】鹿嶋市の鹿島神宮(鹿島則良宮司)では、六年に一度の勅使参向を仰ぐ勅祭の年にあたることから、九月一日の例祭で神前に畏き辺りよりの御幣物が奉られ、約五十人が参列した。

今年の鹿島踊り 唯一の神賑行事

 二日、拝殿前へと出御した神輿の前で、疫病除けを祈願する「鹿島踊り」が、午前十一時三十分から鹿島踊り保存会によって奉納された。

 新型感染症の終熄を祈り、今年唯一の神賑行事としておこなはれた。

 例年、二日の行宮祭の後に神輿の前で披露されてゐる。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧