文字サイズ 大小

焼失から五年半経て 新社殿の竣功を奉祝 蕪嶋神社


 【青森】八戸市の蕪嶋神社(野澤俊雄宮司)では四月十四日、例祭にあはせ新社殿の竣功奉告奉祝祭を斎行し、関係者など約百人が参列した。
 同神社は、平成二十七年十一月五日に発生した火災により木造の本殿・拝殿が全焼し、安置されてゐた神宝や神輿、祭器具も焼失した。

 鎮座地の蕪島が国指定天然記念物「ウミネコ繁殖地」であることから、繁殖期の四月から八月までは工事をせず、約五年の歳月をかけて新社殿の建設を進めてきた。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧