文字サイズ 大小

幟を立てて疫神祭 桃の枝で四方祓など 素盞雄神社


 【東京】荒川区の素盞雄神社(能圓坊明彦宮司)では創建日にあたる四月八日、災厄を祓ふ「疫神祭」を斎行した。

御大典を奉祝し 「なでもも」完成

 また同神社では、このたびの御大典を奉祝して「なでもも 桃の祓」を調製するとともに、疫神祭に先立つ三月三十日に「桃の祓完成奉告祭」を執りおこなった。
 「なでもも」は、役目を終へた境内の桃の幹を台座とした直径一尺(約三十㌢)ほどのブロンズ製の球体で、「後顧」「中今」「幸先」の三つがある。

各地の話題 一覧

>>> カテゴリー記事一覧