文字サイズ 大小

神話の地・宮崎で国文祭・芸文祭 両陛下には赤坂御所から

令和3年07月12日付 1面
式典での国歌静聴(宮崎県提供)
式典での国歌静聴(宮崎県提供)
「高千穂の夜神楽」(宮崎県提供)
「高千穂の夜神楽」(宮崎県提供)

 天皇・皇后両陛下には七月三日、宮崎県で開催された第三十五回国民文化祭及び第二十回全国障害者芸術・文化祭の開会式に、東京・赤坂御所から「オンライン」で御臨場になられた。

高千穂夜神楽など 両陛下が御鑑賞

 開会式典後には大会テーマである「山の幸 海の幸 いざ神話の源流へ」の世界観をストーリー化して表現する「フェスティバル」がおこなはれ、両陛下も画面を通じて御鑑賞になられた。

 このなかでは、高千穂地方の各地区にて冬季に夜通し催される神楽で国の重要無形民俗文化財に指定されてゐる「高千穂の夜神楽」全三十三番のうち「手力雄」「鈿女」「戸取」の三番が短く凝縮した上で披露された。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧