文字サイズ 大小

停滞する前線で各地に被害 突風で拝殿倒壊の神社も

令和3年08月30日付 1面
拝殿が倒壊した岐阜・白鬚神社
拝殿が倒壊した岐阜・白鬚神社

 停滞する前線の影響で八月十一日以降、各地でひじょうに激しい雨が降り続いた。国土交通省によれば、八月二十四日午後四時三十分現在、十六の地点で期間降水量が千㍉を超え、国や都道府県が管理する河川は二十七水系六十八河川で氾濫や侵蝕による被害を確認してゐる。

 神社本庁では十三日以降、各神社庁を通じて情報収集をおこなってをり、この他については十八日現在、大きな被害は確認されてゐないといふ。前線は弱まったものの不安定な天候が続いてゐるため、状況把握は難航してゐるが、引き続き情報収集に努める。

記事 一覧

>>> カテゴリー記事一覧